blog.鶯梭庵

二〇一七年 長月 廿三日 土曜日

日本語の「た」と英語の過去形 [/language]

「着いたら連絡して。」を英語でなんというか。"Call me when you arrive." でよいが、"... arrived." と過去形にする誤りが、日本人に多い。「着いたら」に「た」があるので、半ば自動的に過去形にしてしまうのだろう。しかし、この場合、着くのは過去ではなく未来だ。英語では過去形は使えない。では、なぜ日本語では未来の出来事に「た」を使うのか。

「た」は古くは「たり」であり、「たり」は「てあり」の約だとされる。そして、「てあり」は「つ」と「あり」が繋がったものだとされる。「つ」は完了を表す。したがって、「た」の元々の意味は「動作が完了した状態がある」ということだ。「た」の本義は過去ではなく完了であり、だからこそ未来の出来事にも「た」を使える。

一方、英語の過去形も、必ずしも過去の出来事を表すとは限らない。仮定法("If I were you, ..." など)や婉曲表現("I would like to ..." など)でも過去形を使う。英語の過去形は、発話状況から隔たりがあることを示す。過去の出来事が現在から切り離されている場合は過去形を使うが、過去の出来事の影響が現在までおよんでいたら現在完了形を使う。過去の出来事に過去形を使うと、現在からの隔たりが表現される。現在の出来事に過去形を使えば、それが事実と異なることが含意される。これが仮定法だ。また、自分の要望を過去形で言えば、間接的でかしこまった表現になる。

日本語の「た」は完了を表し、英語の過去形は隔たりを表す。両者は元来別物なのだが、過去の出来事を言い表す場合、たまたま日本語では「た」を用い(かつては「き」や「けり」で過去を表したが、今は使われない)、たまたま英語では過去形を用いる。そのため、日本語の「た」と英語の過去形が同じ意味だと思い込んでしまうのかもしれないが、「た」を訳したらいつでも過去形になるわけではないし、その逆も然り。日本語の「た」と英語の過去形は、用法が似ているというだけで、同じ意味ではない。

[この記事だけを読む。] [この記事にコメントを書く。] [このカテゴリをまとめて読む。] [最新の記事を読む。]

二〇一七年 長月 八日 金曜日

ORI-REVO で回転楕円体を折る・その2 [/origami]

明日から始まるワークショップで、回転楕円体を折ることにしている。その1で、三谷純さんの ORI-REVO を使って回転楕円体の展開図を作成する方法を示したけれど、実際に折ってみると、糊付けしても形がしっかりしない。折り線が集まるところに、ねじり折り的な構造を入れる必要がある。そこで、node のスクリプトを変更した。


const e = process.argv[2] || 1;

const l = process.argv[3] || 0;

const size = 200

const pi = Math.PI;

const yoko = e > 1;

const h = yoko ? size / e : size

var x, y, deg, rad;

var coods = `${-l} ${h}\n`;

for ( deg = 90; deg >= -90; deg -= 6 ) {

rad = deg * pi / 180;

x = Math.cos(rad) * size;

y = Math.sin(rad) * size;

yoko ? y /= e : x *= e;

coods += `${x} ${y}\n`;

}

coods += `${-l} ${-h}\n`;

require('fs').writeFileSync('daen.polyline', coods);


引数を1つ増やした。第2の引数は「折り返し」の長さ。

ワークショップで使う展開図は、


node daen.js 0.75 100


として生成した座標ファイルを基にしている。ORI-REVO の画面は以下の通り。


ねじり折り付き楕円のデータを読み込んだ ORI-REVO のスクリーンショット

[この記事だけを読む。] [この記事にコメントを書く。] [このカテゴリをまとめて読む。] [最新の記事を読む。]

二〇一七年 葉月 廿日 日曜日

ORI-REVO で回転楕円体を折る・その1 [/origami]

来月のワークショップのための準備をしている。三谷さんの作品を使おうと思って、許可をいただいた。当初は三谷さんの『立体折り紙アート』に掲載されている作品をそのまま使うつもりだったが、それでは能がないので、ORI-REVO を使って何か作ろうと思った。曲線折りを使いたいが、あまり難しいもので参加者が折れないと困るので、回転楕円体が適当ではないかと考えた。

ORI-REVO で楕円の半分を描いてやれば折り方を計算してくれるわけだが、手で入力するのは難しい。ORI-REVO では点列データを読み込むことができるので、点列データを生成するスクリプトを書くことにした。

楕円上の点の座標は、θを媒介変数として、

x = a cosθ

y = b cosθ

と書ける(a と b は 0 より大きい定数)。ORI-REVO に入力する場合、θの範囲は 90°から -90°まで、a と b のうち大きい方の値を 200 とする。a/b の値を e として、変数として与えられるようにしたい。e が 1 なら球、1 より小さいと縦長、1 より大きいと横長になる。

以上でスクプリトが書ける。私はここのところ node.js をいじっているので、node のスクリプトを書いてみた(エラー処理は省略)。


var e = process.argv[2] || 1;

var x, y, deg, rad;

var coods = '';

const pi = Math.PI;

const yoko = e > 1;

for ( deg = 90; deg >= -90; deg -= 6 ) {

rad = deg * pi / 180;

x = Math.cos(rad) * 200;

y = Math.sin(rad) * 200;

yoko ? y /= e : x *= e;

coods += (x + ' ' + y + '\n');

}

require('fs').writeFileSync('daen.polyline', coods);


これを daen.js という名前で保存しておいて、コマンドラインから


node daen.js 0.75


とかすると、daen.polyline ファイルが生成される。それを ORI-REVO で開けば、以下のようになる。


楕円のデータを読み込んだ ORI-REVO のスクリーンショット


その2へ続く

[この記事だけを読む。] [この記事にコメントを書く。] [このカテゴリをまとめて読む。] [最新の記事を読む。]

二〇一七年 文月 卅一日 月曜日

折り紙建築 [/origami]

origami-l で Sunil Dhavalikar さんが伝えている。

This Wood Pavilion is Supported Entirely Through Origami Folds

木製のパネルをヒンジでつなぐだけで、自然に形ができるとのこと。

[この記事だけを読む。] [この記事にコメントを書く。] [このカテゴリをまとめて読む。] [最新の記事を読む。]

二〇一七年 水無月 卅日 金曜日

折鶴に松図小柄 [/origami]

7月発行予定の『折紙探偵団』に掲載すべく、「折鶴に松図小柄」について記事を書いている。8月の折紙探偵団コンベンションでも講義をしようと思っている。しかし、この史料は折り紙史研究の上で極めて重要なので、ここに概要を書いておく。

この小柄(こづか)は、豊臣秀吉に仕えた金工である後藤栄乗(1577-1617)の作と鑑定されている。したがって、1590年代に作られたことになる。これ以前に知られていた遊戯折り紙の史料は、1699年の雛形本や井原西鶴の好色一代男(1682年)が最も古かったから、遊戯折り紙の歴史がほぼ1世紀遡った。(平安時代に折り紙があったという説には根拠がない。)

後藤家は代々将軍家に仕えた装剣金工であり、この小柄も武家社会から出たものだ。従来、遊戯折り紙の起源は武家の礼法折り紙だっただろうと考えられてきたが、この小柄によって、礼法折り紙が町人に広がるより前に武家社会の中で遊戯折り紙が発生したことが確実になった。

さらに、この折り紙が松とともに彫られていることで、桃山時代にはすでにこれが鶴に見立てられていたことがわかる。

しかし、この小柄をよく見ると、いくつかの疑問がわく。横から見た折り鶴のデッサンが崩れているように見えるのはなぜか、栄乗は同じ図柄を何度も彫ることが多いのに、折り紙を彫ったものが1点しかないのはなぜか、そもそもなぜ鶴ではなく折り鶴なのか。

これらについて、折紙学会の顧問である岡村昌夫さんが見事な謎解きをしている。詳しくは、記事をお読みいただくか、コンベンションに参加していただきたい。マガジンはばら売りをしていないので、1期購読していただく必要があるが、折紙学会の図書館で読むこともできる。

[この記事だけを読む。] [この記事にコメントを書く。] [このカテゴリをまとめて読む。] [最新の記事を読む。]

[もっと古い 5 件の記事を読む] [もっと新しい 5 件の記事を読む]

RSS feed

カテゴリ

[/language] (98)
[/links] (254)
[/mac] (114)
[/music] (36)
[/origami] (406)
[/this_blog/ajax] (7)
[/this_blog/blosxom] (4)
[/this_blog/history] (12)
[/this_blog/perl] (9)

最新記事

パスワードについてのあなたの常識はもはや非常識かもしれない・その1 [/links]
ニューラルネットワークとディープラーニングで翻訳はどうなる・その5 [/language]
ニューラルネットワークとディープラーニングで翻訳はどうなる・その4 [/language]
HTTPS 対応 [/links]
ひらがな・カタカナ学習ウェブアプリ [/links]
日本語の「た」と英語の過去形 [/language]
ORI-REVO で回転楕円体を折る・その2 [/origami]
ORI-REVO で回転楕円体を折る・その1 [/origami]
折り紙建築 [/origami]
折鶴に松図小柄 [/origami]
改訂版・たぶん、ほとんどの人は viewport meta タグの指定をまちがえてる・その6 [/links]
改訂版・たぶん、ほとんどの人は viewport meta タグの指定をまちがえてる・その5 [/links]
改訂版・たぶん、ほとんどの人は viewport meta タグの指定をまちがえてる・その4 [/links]
改訂版・たぶん、ほとんどの人は viewport meta タグの指定をまちがえてる・その3 [/links]
改訂版・たぶん、ほとんどの人は viewport meta タグの指定をまちがえてる・その2 [/links]

羽鳥 公士郎