blog.鶯梭庵

二〇〇五年 睦月 十八日 火曜日

スパムプロクシ [/this_blog/perl]

再びアクセスログの referer を見ていると、referer がいかがわしいサイトの URL になっていることがある。不審に思って調べてみると、こういうのをリファラースパム(referral spam)というようだ。Wired News の記事によると、ブログの中には referer のログを公開しているところがあるので、そのログにサイトの URL を書き込むことをねらっているようだ。また、ログを見た人が、こんなサイトから私のブログにリンクが貼ってあるのか知らんと思って、サイトを見てみるということもあるだろう。(すみません、私も1つだけ見てしまいました。Windows を使っていたら、おそらくスパイウェアの1つや2つ入っていたことでしょう。)

私はログを公開していないので、今のところ実害はないが、あまり頻繁にくるようになれば、何か対策を立てなければならなくなる。で、詳しいデータをとってみると、案の定多段プロクシ経由でいらっしゃっているのだが、$ENV{'HTTP_VIA'} の中に 'pinappleproxy' というのが必ず含まれている。スパマーが必ずこれを使うとはいえないだろうが、これを経由してきたらスパマーだと断定してもよいのではないか。少なくとも、このような多段プロクシ経由でくる人は、ろくな人ではないだろう。

コメントスパムにお悩みの方にも参考になるかと思って書いてみた。


関連記事:

アクセスログの referer を見る [/this_blog/perl]

さんのコメント:

・HTMLタグは使えません。

・電子メールアドレスを含めないでください。

・コメントには全角文字を含めて下さい。

・長さの上限はおよそ800字です。

[この記事だけを読む。] [このカテゴリをまとめて読む。] [最新の記事を読む。]

羽鳥 公士郎