blog.鶯梭庵

二〇一七年 長月 八日 金曜日

ORI-REVO で回転楕円体を折る・その2 [/origami]

明日から始まるワークショップで、回転楕円体を折ることにしている。その1で、三谷純さんの ORI-REVO を使って回転楕円体の展開図を作成する方法を示したけれど、実際に折ってみると、糊付けしても形がしっかりしない。折り線が集まるところに、ねじり折り的な構造を入れる必要がある。そこで、node のスクリプトを変更した。


const e = process.argv[2] || 1;

const l = process.argv[3] || 0;

const size = 200

const pi = Math.PI;

const yoko = e > 1;

const h = yoko ? size / e : size

var x, y, deg, rad;

var coods = `${-l} ${h}\n`;

for ( deg = 90; deg >= -90; deg -= 6 ) {

rad = deg * pi / 180;

x = Math.cos(rad) * size;

y = Math.sin(rad) * size;

yoko ? y /= e : x *= e;

coods += `${x} ${y}\n`;

}

coods += `${-l} ${-h}\n`;

require('fs').writeFileSync('daen.polyline', coods);


引数を1つ増やした。第2の引数は「折り返し」の長さ。

ワークショップで使う展開図は、


node daen.js 0.75 100


として生成した座標ファイルを基にしている。ORI-REVO の画面は以下の通り。


ねじり折り付き楕円のデータを読み込んだ ORI-REVO のスクリーンショット

さんのコメント:

・HTMLタグは使えません。

・電子メールアドレスを含めないでください。

・コメントには全角文字を含めて下さい。

・長さの上限はおよそ800字です。

[この記事だけを読む。] [このカテゴリをまとめて読む。] [最新の記事を読む。]

羽鳥 公士郎